クレンジングバームを正しく使いこなしてすっぴんでもキレイに!

洗顔

クレンジングバームが人気!効果を最大限に生かそう

近年人気を集めているクレンジングバームですが、その効果を最大限に得るためにも、正しい使い方を知ることが重要です。

そもそもクレンジングバームとはどのようなものなのかというと、オイルを固めたクレンジング剤のことを指しています。

体温でとろりととろけるので、使用感が心地よいのが一つの魅力で、特にオイリー肌の人におすすめとされています。

一般的なクレンジング剤と比べると、洗浄力が高いことが一つの魅力です。

油性成分が多く含まれて入れ、洗浄効果がそれに伴って高まっています。

メイク汚れや毛穴の汚れなどもすっきりと落とすことができ、もちろん気になるベタツキやてかりなどもしっかり落とせます。

洗浄力の高さはクレンジングオイル並みです。

特にオイリー肌の人にはぴったりなので、乾燥肌や敏感肌の人は毎日使い続けるよりも、定期的に使うのが良い使い方です。

洗浄力が高いので、顔に必要な油分を落としてしまう可能性もあり、乾燥肌や敏感肌の人は肌荒れの原因を作り出してしまう可能性もあるため、洗い過ぎには十分に注意しましょう。

クレンジングバームの使い方

正しい使い方としては、お風呂の前に使うのが一番良い方法と言えるでしょう。

お風呂中に使用するのもよいですが、乾いた肌と手に使った方が良いため、お風呂に入る前に洗面所でクレンジングバームを使用してからお風呂に入るのが望ましいといえます。

使う頻度としては、朝と夜の1日に2回が推奨されています。

特に黒ずみに悩みを持っている人は、朝の時間帯に使うことによって、改善が期待できます。

クレンジングバーム自体はオイリーに感じるかもしれませんが、洗い上がりはすっきりとしています。

具体的な使用方法

具体的な正しい使い方としては、まず最初に乾いた手でバームをすくいましょう。

水分が少しでも入ると、溶けたり不衛生な状態となるため十分に注意します。

手でとるのが嫌な人はスパチュラを使用すると良いでしょう。

手のひらの上で、バームを溶かし、顔全体に広げてメイクになじませていきます。

ぬるま湯を加えさらになじませたら、だんだんと色が変化して白っぽくなってくるので、これがメイクが落ちた合図となります。

最後にしっかりと洗い流すことが大切です。

顔に残らないようにしっかりと洗い流すようにしましょう。

しっかりと洗い流さなければ、ニキビの原因にもつながる可能性も考えられます。

そして多くのクレンジングバームは、ダブル洗顔が不要との記載がなされています。

洗浄力が高いことから、洗い過ぎると乾燥を招いてしまうので、洗顔後のお手入れはすぐに行うようにしましょう。

👉おすすめのクレンジングバームの評判は?
ママコスメクレンジングバームの口コミはこちら