ダニ捕りロボは何がすごい?100%退治できる独自技術とは?

ダニ捕りロボ

ダニ捕りロボのすごい独自技術

ダニ研究に20年の実績がある日革研究所が開発したダニ捕りロボは、皮膚病やアレルギーの元となるダニ対策に最適な商品です。

本体は小さなケースになっていて、マットの下に置くだけでダニを退治出来ます。

また、ケースの中に入っている誘引マットを定期的に取り替える事で何度も使える上に、かかる費用は1日18円と経済的です。

さらに、防ダニ加工が施された繊維製品の性能を評価する増殖抑制試験を3回繰り返し、増殖抑制率が100%という結果を残しています。

その理由は、日革研究所だけが持つ独自のダニ捕獲乾燥技術にあります。

ダニ捕獲乾燥技術とは?

製品内部の誘引剤で布団やカーペットの奥に潜んでいる多くのダニを誘い込み、誘引剤の中にある吸湿性セラミックがダニに付着し、体のほとんどが水分で出来ているダニを乾燥させるという技術です。

その後、マット内に閉じ込められたダニの死骸をゴミ箱に捨てれば退治完了です。

ダニ捕りロボの特徴は、よく効くだけではありません。

国内外の安全テスト立証済みの製品なので、子供やペットが住んでいる家庭でも安心です。

例えば、食べる事による健康への障害を調べる急性経口毒性試験では、食塩よりも毒性が低いという結果になりました。

次に、かぶれの発生を調べるクローズド・パッチテストによるヒト皮膚一次刺激性試験では、皮膚に触れても炎症を起こさない事がわかりました。

また、変異原性(遺伝毒性)や発ガン性を調査する変異原性試験Ames試験では、遺伝子に影響を与えないという結果を得ています。

なお、製品に科学性殺虫成分は全く使用されていない上に、天然由来の食品粉末・ビール酵母・吸湿性セラミック粉末を材料としているので多くの人の体をいたわり、安心です。

さらに、ダニ捕りロボには継続して使用しやすいという特徴もあり、その理由には1日18円という安さと設置・交換が簡単な事が挙げられます。

設置方法は中身の誘引マットを取り出し、本体ケースに誘引マットを入れ、日付シールに設置日を記入して本体ケースに貼るだけで完了です。

また、交換においては有効期間の3ヶ月が過ぎた後の誘引マットを捨てて、新しい誘引マットに交換するだけで済みます。

なお、ダニ捕りロボはベッドの他に、カーペットやソファ、畳など家庭のあらゆる場所へ使用可能です。

製品にはレギュラーサイズとラージサイズがあって、色々な組み合わせ次第で柔軟に様々な場所への対応が可能となっているので、使い勝手が良いといえるでしょう。