ハニプラ美容液はシミにも効果ある?卵殻膜エキスの実力とは?

ハニプラ美容液

卵殻膜エキス配合のハニプラ美容液とは?

話題のスキンケア成分であるヒト幹細胞エキスと卵殻膜エキスがダブル配合されているハニプラ美容液は、非常に優秀な美容液です。

潤い不足に悩む人の救世主となる可能性があり、乾燥によるトラブルからも解放されます。

主成分である卵殻膜エキスの働きを詳しく見てみると、たんぱく質が豊富に含まれていて人の肌や髪の毛に近い18種類のアミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸等で構成されています。

これらは肌のシミやシワに効きますので、40代くらいから現れる年齢サインを改善するのにも効果的です。

卵殻膜エキスとは?

卵殻膜エキスにはメラニンの生成を抑える働きがあり、シミやくすみの予防をする時にも適しています。

年齢肌の悩みの一つとしてシミはよく出てきますが、卵殻膜エキスの働きを活用すれば紫外線によるダメージに怯えることもありません。

紫外線を浴びると乾燥によって様々なトラブルが引き起こされて、それが加齢トラブルにも直結しています。

ですから、早めのケアが肝心です。

乾燥に負けない美しい肌を作り出すハニプラ美容液は、卵殻膜エキスによってバリア機能も強化できます。

バリア機能が弱まると紫外線の影響を受けやすくなり、刺激によって酸化や糖化が起こってターンオーバーも乱れます。

ターンオーバーの順調でない肌は老化も早まりますので、アンチエイジング対策では乾燥にも注目することが大切です。

卵殻膜は0.07mmという薄さながらもコラーゲン等の美容成分をたっぷりと含んでおり、希少な3型コラーゲンをサポートしているのもポイントです。

3型コラーゲンは肌のハリのもとになる細くて柔らかい繊維性コラーゲンですが、年齢を重ねるとともに徐々に減少していきます。

減ると瑞々しさや弾力が失われますので、衰えが気になり始めたら十分に補わなければなりません。

L-システインも配合

含まれる美容成分ではL-システインも注目されており、皮膚や髪の毛を綺麗に保つことで有名です。

バランスの良い美容成分がたっぷりと含まれている卵殻膜エキスを活用することで、ハリのある若々しい肌を保つことができます。

温泉水がしっかり浸透

優れた成分の働きを損なわないように、使われている水にもこだわりがあります。

北アルプスの雪解け温泉水を採用することで、本来の働きを引き出すことを考えられた美容液です。

温泉水が用いられている理由は、一般的な水と比較すると粒子が細かくて皮脂と混ざりやすいからです。

硬くなって美容液の浸透しにくくなっている肌でも、しっかりと浸透させられます。

ヒト幹細胞エキスも配合されたハニプラ美容液で毎日のお手入れを

また、ヒト幹細胞エキスによるハリや艶をよみがえらせる効果も見逃せません。

美白を目指す人にとっても見逃せない働きがあります。

毎日のお手入れの中でハニプラ美容液を取り入れると日々の刺激からきちんと守れるようになり、肌が水分不足に陥ることがありません。

本来の力を呼び覚ますためには肌に充分な水分や潤いがあることが大切ですが、化粧水や美容液だけでは含まれない成分がたっぷりと入ったハニプラ美容液なら、これ一つで根本的な対策が行えます。